XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】

XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】

2640円

XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】

XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】:当社のサービス部門は、インドで唯一のiso9001認定の電子機器サービスブランドです。 【73%off!】,4周年記念イベントが,【正規品質保証】XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】

トピックス

関連イベントのお知らせ

事務局からのお知らせ


ゲーム音楽をテーマにしたオンライン展覧会
「Ludo-Musica II ~ ゲームのための音楽/音楽のためのゲーム」が
下記URLにて開催中です。(2月28日まで)
https://ludomusica.net/

本イベントは「文化庁令和3年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」 の一環として、昨年度に引き続きオンラインにおけるゲーム展示の課題発見・検証を目的として、文化庁主催、立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)共催として開催されるものです。

展示構成:
Stage 0 音楽からみるビデオゲーム
Stage 1 音楽からみるビデオゲーム II
Stage 2 「ゲームならでは」の音楽体験
Stage 3 「三国志」の世界を構成する音楽

展示作品推薦者:
鴫原盛之、慶野由利子、吉田寛、井上明人、伊藤彰教、岸智也、岩本翔、中村彰憲 、尾鼻崇、寺町電人、中潟憲雄、川田宏行、小山友介、鮫島朋龍、メタルユーキ、マーティン・ロート、TAITAI、渡辺量、川口貴志、木幡周治(掲載順、敬称略)

言語:日本語/英語
主催: 文化庁
共催:立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)
後援:大阪国際工科専門職大学、「三国志 水魚之交」展実行委員会
連携企画協力:コーエーテクモゲームス
協力:大阪樟蔭女子大学美粧学研究室、ゲームアーカイブ推進連絡協議会
ディレクター:尾鼻崇
キュレーター:尾鼻崇、岩本翔、小出治都子

閲覧推奨環境:
Microsoft Edge最新バージョン
Google Chrome 最新バージョン
Firefox 最新バージョン
Safari 最新バージョン
iOS、Androidの標準ブラウザ

■種別:Blu-ray
■発売日:2018/01/06
■販売元:ハピネット

■説明:『XYZマーダーズ』 報復絶叫! 奇喜怪快!/サム・ライミ×コーエン兄弟が放つ笑激のハイテンション・ホラー・コメディ!/厳重警備で固められた刑務所で、今まさに死刑執行を待つ殺人犯ヴィクター。電気椅子の上から彼は叫ぶ「僕は無実だ!」--それはまさに悪夢の体験だった。警備会社の気弱な社員だった彼は、運命の恋人と信じるナンシーを追いかけるうち、経営トラブルから警備会社オーナー殺害を目論む共同経営者の放った殺し屋コンビと遭遇。勘違いでナンシーを誘拐した2人組を追跡し、街中を震撼させる大騒動を巻き起こしていく。/『スパイダーマン』シリーズの奇才サム・ライミ監督が、朋友ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の脚本を得て放った会心の爆笑クライム・コメディ。デビュー作『死霊のはらわた』で見せた破壊的ナンセンス・ギャグとクレイジーな....

■カテゴリ_映像ソフト_映画・ドラマ_洋画_アメリカ
■登録日:2017/09/20

ご注文前にお届け日詳細等をご確認下さい。
  • 映画・ドラマ
  • 洋画
  • アメリカ

永続特典

封入特典:応募ハガキ■映像特典ブルース・キャンベル(共同製作・出演)による音声解説/各種インタビュー/劇場予告編/フォトギャラリー

商品詳細/同梱内容

『XYZマーダーズ』報復絶叫! 奇喜怪快!/サム・ライミ×コーエン兄弟が放つ笑激のハイテンション・ホラー・コメディ!/厳重警備で固められた刑務所で、今まさに死刑執行を待つ殺人犯ヴィクター。電気椅子の上から彼は叫ぶ「僕は無実だ!」--それはまさに悪夢の体験だった。警備会社の気弱な社員だった彼は、運命の恋人と信じるナンシーを追いかけるうち、経営トラブルから警備会社オーナー殺害を目論む共同経営者の放った殺し屋コンビと遭遇。勘違いでナンシーを誘拐した2人組を追跡し、街中を震撼させる大騒動を巻き起こしていく。/『スパイダーマン』シリーズの奇才サム・ライミ監督が、朋友ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の脚本を得て放った会心の爆笑クライム・コメディ。デビュー作『死霊のはらわた』で見せた破壊的ナンセンス・ギャグとクレイジーなカメラワークはさらにパワーアップ。オトボケ主人公と不死身の殺し屋コンビの超絶バトルが、驚愕のハイテンション演出でノンストップに疾走する。ハリウッドの個性派ヒット・メーカーの原点が全編にギッシリ詰まった必見作だ。

スタッフamp;キャスト

サム・ライミ(監督)、サム・ライミ(脚本)、エドワード・R.プレスマン(製作総指揮)、ロバート・G.タパート(製作)、ブルース・キャンベル(共同製作)、ジョエル・コーエン(脚本)、イーサン・コーエン(脚本)、アーロン・オーバー(音楽)リード・バーニー、シェリー・J.ウィルソン、ポール・L.スミス、ブライオン・ジェームズ、ルイーズ・ラサー、ブルース・キャンベル

商品番号BBXF-2116
販売元ハピネット
組枚数1枚組
収録時間132分
色彩カラー
字幕日本語字幕 吹替字幕 音声解説字幕
制作年度/国1985/アメリカ
画面サイズビスタサイズ=16:9
音声仕様ドルビーTrueHD2.0chモノラル 日本語 英語
コピーライト(C)1985 Embassy Films Associates

日本デジタルゲーム学会 2021年度年次総会が、2022年2月12日(土)にオンライン上にて開催されました。

下記に、議事録の公開をいたします。

オンライン開催となったため、総会は仮総会として実施すること、本仮総会の議事録を一か月ホームページにて公開し、会員の議論に付託の上、書面による異議が会員数の3分の1を超えない場合は、これを総会決議と認められる旨が伝えられました。

異議がある場合は、上記議事録ページに記載している連絡先まで、 2022/3/14までに書面(必着)にてご連絡ください。


2月11日、12日に開催される第12回 日本デジタルゲーム学会 年次大会の基調講演ですが、以下の内容で行われます。

「人生を何度もループしたらパンデミックは抑えられるか?」
講演者:瀬名秀明氏 (作家)
指定討論者:浅田稔氏 (大阪国際工科専門職大学)
講演日:2022年2月12日11:30~13:00

「関西におけるゲームデベロッパーのリレーションに関して」
講演者:松下正和氏 (株式会社ヘキサドライブ)
    秦泉寺章夫氏 (株式会社クラウドクリエイティブスタジオ)
講演日:2022年2月11日13:10~14:10

基調講演の様子は当日、Zoomウェビナーにて、大会に参加されていない方もご覧になれます。(講演の様子のアーカイブ公開は行わない予定です)

ZoomウェビナーのURLは
年次大会Webページ
https://digrajapan.org/conf12th/index.html
をご確認ください。
※大会自体の参加申込は締め切っております。


 立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)は、2022年3月5日と6日の両日、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学、ワシントン大学、京都精華大学と協働して、コロナ禍におけるゲームとナラティヴ研究の最前線をテーマとしたオンラインの学術カンファレンスを開催いたします。

 コロナ禍の現状において、デジタルゲームは「巣ごもり」消費の代表格として非常に重要な役割を果たしてきました。他方で、現代を代表する文化資産としてゲームやマンガ、アニメーションを研究、保存する活動も世界中で拡がっています。立命館大学においては、1998年に京都府および京都リサーチパークとの産学公連携によって発足したゲームアーカイブ・プロジェクトを嚆矢としてゲーム研究とゲーム保存の活動を進めてきました。そこで本カンファレスは2日間にわたり当センターと連携している国内外の研究者とともにその研究成果を発表いたします。

 初日のオープニングセッションでは、ゲーム引用をテーマとしたパネルディスカッションをおこないます。近年、ゲーム研究において、引用の仕方や形式などゲームを正確に参照する方法に注目が寄せられています。本セッションでは、ゲーム引用の現状や特有の問題を出発点に、日本でのゲーム引用の現状について開かれた議論をおこないます。

 これに続き、ゲーム保存活動を北米で牽引しているスタンフォード大学のヘンリー・ローウッド博士とワシントン大学ジン・ハ・リー准教授、そして国内から京都国際マンガミュージアムを運営する京都精華大学の吉村和真教授をお招きして、それぞれがどのような取り組みを紹介するとともに、ゲームだけではなく、マンガやアニメーションを含むメディア芸術分野における研究協力や保存の実践協働、そして国際連携のあり方を模索します。

 また、2日目は、インタラクティヴ ・ナラティヴをテーマとしたセッションをおこないます。ゲームが有するインタラクティヴ・ナラティヴは、現在、様々な媒体やテーマパークなどへ応用されるようになっています。特に、特定のテーマを埋め込んだアトラクション等でのユーザー体験は「Highly Curated Commercial Environment」のもとに実現しており、その研究も進展しつつあります。今回は、サイバースペース、eスポーツの次の領域としてこの分野の研究に取り組む第一人者であるマサチューセッツ工科大学のT.L. テイラー教授にこの新しいテーマの意義と概要、そして研究の最先端を報告いただき、あわせてRCGSにおける研究成果についても発表いたします。

Digital Entertainment Conference 2022:Advancing Digital Game Research Beyond COVID-19
「コロナ禍を超えて進展する世界のゲーム&インタラクティヴ・ナラティヴ研究」

  • 日時:2022年3月5日(8:30~12:30) 3月6日(9:30~12:30)
  • 形式:オンライン
  • 主催
    • 立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)
  • 共催
    • ITコンソーシアム京都(クロスメディア部会)
    • デジタルアーカイブ学会(JSDA)「関西部会」
    • 日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)

登壇者(順不同・敬称略):

【招聘者】
T.L.テイラー(マサチューセッツ工科大学)、ヘンリー・ローウッド(スタンフォード大学)、ジン・ハ・リー(ワシントン大学)、ステファノ・グアレーニ(マルタ大学)、ポール・マーティン(ノッティングガム大学寧波校)、エリック・カルトマン(カリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校)、吉村和真(京都精華大学)

【主催者】
マーティン・ロート、福田一史、井上明人、川﨑寧生、細井浩一、中村彰憲(モデレーター)

【登録方法】参加希望者は3月4日の17時までに、下記URLからご登録ください。

https://zoom.us/webinar/register/WN_vNRMUao_QSSpn57hqFcUwA

カンファレンス詳細スケジュール

【DAY ONE(3月5日)】

  • 08:30~9:30 パネルディスカッション「ゲーム引用(citation):なぜ重要なのか?」
    • ステファノ・グアレーニ、ポール・マーティン、エリック・カルトマン、福田一史(大阪国際工科専門職大学)、マーティン・ロート(モデレータ)
  • 09:30~10:10 キーノート①:コロナ禍におけるデジタルゲーム保存とその展開
    • ヘンリー・ローウッド
  • 10:15~10:55 キーノート②:ゲーム開発資料の保存とその意義
    • ジン・ハ・リー、井上明人
  • 11:00~12:30 パネルディスカッション「ウィズコロナ期におけるデジタルゲーム保存においてKYOTOは世界でどのような役割を果たせるか」
  • 吉村和真、ヘンリー・ローウッド、ジン・ハ・リー、細井浩一、中村彰憲(モデレータ)、他

【DAY TWO(3月6日)】

  • 09:30~10:10 キーノート③「Playing Disney: Experience and Expression in the Land of Curation」
    • T.L.テイラー 
  • 10:15~10:55 経過報告:日本におけるテーマパーク体験:半構造化面接調査
    • 川﨑寧生
  • 11:00~12:30 パネルディスカッション「未開拓領域:テーマパークで探るプレイカルチャーとその展望」
    • T.L.テイラー、川﨑寧生、宮脇正晴、マーティン・ロート、 中村彰憲(モデレータ)




 下記のとおりゲームアーカイブ推進連絡協議会2020年度第2回セミナーを開催します。ゲームアーカイブ推進連絡協議会では、ゲーム所蔵館のノウハウ共有、データベースの活用などといった連携強化を目的に活動を行っています。
今回のセミナーでは、2021に設立されたNPO法人日本PBMアーカイブスの活動についてのご講演を、スクウェア・エニックスの開発資料を管理する新プロジェクト“SAVE”に関するご講演をしていただくことになっております。ぜひともご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

◆講演者
中津 宗一郎(株式会社角川春樹事務所)
三宅 陽一郎(株式会社スクウェア・エニックス)
小林 一弘(株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート)
松永 圭一郎(株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート)
阿部 拓人(株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート)

◆日時・場所
2021年1月22日 13:00〜16:30(予定)
於 Zoom

◆参加方法
下記より2021年1月20日までにご登録下さい(セミナー当日までに参加方法を記載したメールを当方よりお送りします)。
https://forms.gle/SSLma4vH28kjZdAq7

【毎週末倍!倍!ストア参加】Linuxデバイスドライバの開発 プログラムを組みながら、デバイスドライバの基礎を学ぶ / 平田豊【初回購入限定】スターターセット(専用ボトル+ドライフルーツ1週間分7パック)リシャフト作業 アイアン リシャフト工賃 ノーマルボア 3本未満 (本数分ご購入ください)(エビ)ミックスチェリー・3色セット Aセット(18匹)(各種6匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温キム・サウォル / ドライブ (EP)[韓国 CD]ワイシャツ メンズ 長袖 形態安定 ドレスシャツ Yシャツ カッターシャツ ビジネスシャツ ビジネス シャツ ボタンダウン グレー ストライプカンタベリー タグラグビー用 タグベルトセット タグ2枚ベルト1本のセット AA00810マッサージ器 肩こり 肩 首 マッサージ機 首コリ マッサージャー マッサージ オムロン omron 首こり スマホ首 ストレートネック対策 78372
パナソニック Panasonic 洗顔ブラシ (ソフトタイプ) EH−2S01S EH-2S01SSANSUI/サンスイ SMC-300BT Bluetooth機能搭載 CDステレオシステム 【DOSHISHA SMC300BT】 真空管ハイブリッド実験くん 006 血液反応液キット 科捜研 ルミノール反応 動画アップ! 実験レシピ公開冷凍 北海道コクボ 北海道エクレア 53gワンピース ジャンパースカート VネックWポケットワンピースタミヤ OP.1114 CRチューンモーター35Tユニチャーム ムーニー おしりふき やわらか厚手 (60枚 詰替×8コパック)×4個セットTBY01402J TOTO 壁付浴室サーモスタットシャワー水栓

Professor Masayuki Uemura (Research Advisor, Center for Game Research, Ritsumeikan University), who had made significant contributions to DiGRA Japan, passed away on December 6, 2021. 

Professor Uemura played a vital role in the formation and development of the digital game industry as a developer of Nintendo’s Family Computer and Super Nintendo Entertainment System (SNES). He was also one of the first people from the game industry to expand his activities to academics to promote game-related research and education. At present, many of the college graduates who had him as a research advisor are active in the game and content industries, while others became academics in-game research-related fields at higher education institutions. 

Professor Uemura has been actively involved in presenting his research at our conference, and in 2013, he received the DiGRA Japan Award. In addition, he played a leading role in the international conference “Replaying Japan,” which is also co-hosted by us, and made a significant contribution to game research in the world as a whole. 

We would like to express our deepest gratitude to  Professor Uemura for his thoughtful guidance to our association and extend our heartfelt condolences. 

We would like to express our deepest gratitude to  Professor Uemura for his thoughtful guidance to our association and extend our heartfelt condolences. 

Digital Game Research Association Japan 
President  Akinori Nakamura 
And Director of the Boards 


本学会が初めて主催したDiGRAの国際年次大会であるDiGRA2007の記念座談会へのご登壇をはじめ、本学会に多大な貢献をいただいてきた上村雅之先生(立命館大学ゲーム研究センター研究顧問)が、2021年12月6日にご逝去されました。 

上村先生は、任天堂のファミリーコンピュータやスーパーファミコンなどの開発責任者として、デジタルゲーム産業の形成と発展において重要な役割を果たされてきましたが、同時に、ゲーム関連の研究や教育を推進するべく、大学にその活動領域を広げた最初期のゲーム業界出身者でもありました。現在、上村先生の元から巣立っていった多くの若手が、ゲームやコンテンツ業界で活躍するとともに、高等教育機関でゲーム研究や教育に携わるようになっています。 

上村先生は、本学会においても積極的に研究成果をご発表されており、2013年には学会賞を受賞されました。さらに、本学会も共催している国際カンファレンス「Replaying Japan」において主導的な役割を果たされ、世界のゲーム研究全体に対しても多大な貢献をなされました。 

これまでの上村先生の思慮溢れるご指導に深謝いたしますと同時に、心より追悼を申し上げます。 

日本デジタルゲーム学会 
 会長 中村彰憲 
 理事一同 


2月11日(金 ・祝)・12日(土)開催の日本デジタルゲーム学会第12回年次大会は対面型での開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス「オミクロン株」の流行状況の急激な変容に鑑み、完全オンラインでの開催に変更させていただくことになりました。

第12回年次大会では、With コロナ時代の研究活動を模索すべく対面型での開催準備を進めておりましたが、皆さまのご健康を最優先とし、オンライン開催への変更が適切と判断致しました。非常に判断が難しい状況下ではありますが、このような決断に至りましたこと、ご理解を賜れれば幸甚でございます。

今回の開催形式の変更に伴い、発表者、参加者の皆様の報告準備や参加方法にも影響が生じるかと存じます。深くお詫び申し上げます。


参加申込は以下のフォームからお願いしたします。
https://service.gakkai.ne.jp/society-member/auth/apply/DiGRA

画面上部に「オンライン参加登録システムにログインするためのIDとパスワードをお持ちですか?」という選択肢がございますが
・日本デジタルゲーム学会の会員あるいは、非会員で本システムに登録済の方は「はい」を選択してください。(会員のIDは1月中旬に配信のニューズレターの文末に記載しています)
・非会員で本システムに初めて登録される方は「いいえ」を選択してください。


大会に参加するには、参加費が必要となります。

参加登録フォームにて登録後、指定の方法(クレジットカード/口座振込)でお支払いください。

大会参加申込締め切りは2月7日(月)、支払い締め切りは2月8日(火)です。
締め切り日より翌日以降の申込、お支払いはできませんのでお早めのご登録をお願い致します。

申込後、自動返信メールにて、ZoomのURLや予稿集など大会参加者向け情報を掲載するwebページのURLをお送りいたします。(情報は随時更新していきます)

自動返信メールが届かない場合は、 conf12thあっとdigrajapan.org まで問い合わせをよろしくお願いいたします。(あっとは@に変更して送信下さい)


大会の詳細は、年次大会webページ

https://digrajapan.org/conf12th/

をご確認ください。

基調講演やプログラムなど、随時情報を公開していきます。

みなさまのご参加をお待ちしております。


日本デジタルゲーム学会では、「日本デジタルゲーム学会賞」ならびに「若手奨励賞」の受賞候補者の推薦を募集しております。
受賞候補者は、自薦・他薦を問いません。推薦者は、審査委員会に対し、候補者の略歴・審査対象業績・業績リスト・及び推薦理由書等を2022年1月31日までに提出してください。

<提出先> prize [あっと] digrajapan.org(あっとは@に変換してください)

受賞対象
a. 日本デジタルゲーム学会賞 次のいずれかに該当する者に授与する
・デジタルゲームに関する研究において特に優れた業績があると認めた者
・デジタルゲーム及びその応用,あるいは本学会の運営について多年にわたり特に顕著な功績があったと認めた者または企業・団体受賞者の数は原則として1名、ないし1社・1団体とする。
b. 若手奨励賞 若手研究者の研究を奨励するため、デジタルゲームに関する理論又は応用につき優れた研究を行ったと 認められる、原則として 40 歳未満の研究者に授与する。
・受賞者の数は若干名とする。

詳しい受賞規程は、下記Webページを参照してください。
http://digrajapan.org/?page_id=219#14
皆様の推薦をよろしくお願いいたします。


2021年10月29日(金)~11月19日(金)に投票が行われておりました日本デジタルゲーム学会理事選挙の結果は以下の通りです。

次期会長立候補者として以下の会員が当選しました。

  • 遠藤雅伸

また、次期理事候補として以下の会員が当選しました。

  • 粟飯原 萌
  • 小山 友介
  • 渋谷 明子
  • 田端 秀輝
  • 福田 一史
  • 古市 昌一
  • 松隈 浩之
  • 三上 浩司
  • 三宅 陽一郎

本選挙結果は、本学会選挙規程第25条に従い、理事会に報告された後、理事会の議を経て、総会に提案されます。
第12回年次大会会期中(2021/2/11-12)に開催される、会員総会での決議をもって次期体制が決定される予定です。

日本デジタルゲーム学会(DiGRA Japan)会長および理事選挙の告示:https://digrajapan.org/election2021/

« 前へ


XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】

XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】:当社のサービス部門は、インドで唯一のiso9001認定の電子機器サービスブランドです。 【73%off!】,4周年記念イベントが,【正規品質保証】XYZマーダーズ HDリマスター版 【Blu-ray】